結婚しても仕事を続ける女性に物も申す

結婚しても、仕事を辞めずに共働きをする女性が増えています。
その結果都内やその近郊都市なども、保育園の増設、増加を試みていても、実際働く女性の人数も増加している為、需要も多くて、結局いつになっても全く数値が追い付かず、保育園に入れないと言う状況下にある様です。
結局預けられても、仕事をして稼いだお金がその保育料として家計から出て行く様であれば、子供の成長なんてアッと言うまで、その子の人生なんて、後戻りする事が出来ず、一生に一度しかないのですから、しば楽の間は傍でその成長を見守り続けて行くのもいいのではないかなとも感じますが、どうやら仕事を辞めず、兼業でがんばる女性は、家事や育児があまり好きではないと言う理由で、お仕事を続投している人も結構いるみたいです。
良く言えば、仕事がデキル、仕事が好きと言う事なのかもしれません。
でも、暑いか公園に行って子供と遊んだり、オムツを変えたりなど、育児に専念するより、仕事の方が良いと言う事です。
価値観が多様化して、育児は女性だけの仕事ではない時代です。
でも、せっかく結婚して出産したのならもう少し子供と向き合ってみるのも良い様な気がします。